Appleマークに隠されていたもの

前回のエントリーで、デスクトップのイラストを載せましたが、これを書くときにAppleマークをネットで探しました。
「Macを使ってるんだから、Option + Shift + Kで出せるだろ?」って言うかもしれないけど、なぜかIllustratorでやったら出せなかったんです。フォントの問題だとは思うけど、それを解決するよりも、ググった方が早いな・・・と(笑)

ちなみに、あのイラストはこうやって描きました。

  1. iPhoneで机の上を撮影
  2. ちょっとゆがんでたので、Photoshopで補正
  3. Illustratorでトレース&色づけ
  4. Fireworksでサイズ調整

なにやら面倒なことをやってそうだけど、個人的に一番使い慣れてるアプリがIllustratorなので、PS→FWってできないんです。
で、その時にiMacとCinema Displayに入れるためにAppleマークを探したって訳。

その課程で、なるほどって記事を見つけたので、自分の備忘録をかねてエントリーしておこうと思います。

アップルのロゴの美しさの秘密:DTP Transit

もう20年以上も見てきているAppleのロゴ(色は変わったけど、形は変わってない)。それにこんな秘密があったなんて・・・。知ってる人は知ってるんだろうけど、知らない人は知らないよね(当たり前だけど)。

Apple Logo

この欠けている部分は、正円の一部分なわけですが、上の葉っぱ部分も2つの円の組み合わせです。よく見ると、3つの円はすべて同じ大きさなんですね。
ぱっと見た目はわからなくても、同じ円の一部だということを、きっと私たちは感じてしまうのでしょう。このあたりに20年以上使われて、飽きられないロゴの秘密なのかしら。

アップルのロゴの美しさの秘密

なるほど。ホントだ!

より詳しく知りたい方は、神秘の調和、アップル社のプロダクトデザインに隠された「黄金比」もどうぞ。

 

コメント:

コメントはまだありません。

Leave a Reply
 
  (表示されません)
 
 
 
 

 
mp3 database movie database pdf library
mp3 database movie database pdf library