「注ぎこぼし」について思うこと

ちょっと前、Twitter経由で「日本酒の注ぎこぼし」についての記事を読んだ。

前回もこのブログに書いたけど、僕としては「いろんな考えがあっていいんじゃない?」というスタンスなので、誰が何を考えようがどうでも良いと思う。「あなたが何を考えても良いから、僕が何を考えてもほっといてね♪」っていう感じです。でもその記事には異論を唱えたい。

なにがイヤかといいますと、枡が不潔! 使い捨てならわかりますが、四隅がきれいに洗われていません。しかもその枡が安い漆塗り風の枡だったりすると、すでに周囲がべたついていることもあります。そして皿が汚い。いろんな匂いがついています。専用に洗うわけがありません。そんな皿にこぼされた酒がどうして飲めましょう。

皿や枡に入ったグラスの底が信頼ならない。そのグラス、机や棚に今まで置いてなかった?汚い底にくっついた酒を飲ませるの?

<途中略>

これじゃあ、丁寧につくられた繊細なお酒は浮かばれません。
だいたいがケチくさい発想から始まった妙なスタイル。その発想、味を大切にするワインの世界じゃありえません。
こぼし酒(怒)撲滅運動!推進中!

日本酒の「注ぎこぼし」を不潔だし、繊細な日本酒にかわいそうだからやめませんか?という提案を聞いた件

ちょっと待った!

反対意見を持つのは自由だけど、撲滅運動を推進するとなると話は別だぞ。
個人的には、注ぎこぼしはどっちでもいい。賛成とか反対とか、どっち寄りって事もない。でも、他人に迷惑をかける訳じゃないなから、どうしようが飲む人の勝手じゃないかな?

個人の意見を持ったり(「注ぎこぼし」は嫌い)、それを主張しようとする(俺は「注ぎこぼし」が嫌いだー!)のは自由だけど、その考えに一本化しよう(だからみんなやめさせよう)とするのは違う気がする。

お酒は嗜好品だし、飲み方も人それぞれ。「冷やで飲んで欲しいな」と思った日本酒を「熱燗で!」という人もいるかもしれないし、長い年月熟成したウィスキーをソーダで割る人もいるかもしれない(僕はストレート派なので)。でも、飲む人が楽しければいいんじゃないかな?

グラスや皿、枡が不潔だ!と思うなら、お店の人に「やめて下さい」と言うことも出来るし、それが「丁寧につくられた繊細なお酒に失礼だ」と思ったら、そういう店には行かなきゃ良い。でも、それが楽しくて、そういうお酒が美味しいという人だっていると思う。

それを見て、「自分ならこうするな」とか「あー、こうやって粗末に扱う人もいるんだ。その分、自分が飲むときは丁寧に扱おう」とか思えれば、それでOK。もっと気楽に楽しみましょ♫


僕はかなり前からのMacユーザーで、Apple製品はとにかく丁寧に扱ってます。
Macは、新しいモデルを買うときにオークションで売ることがほとんどなのですが、MacBook Proを売ったときも、PowerBookを売ったときも、落札者の方から「これって本当に使ってたんですか?」とか「まさかここまで綺麗だとは思いませんでした」とか言われました。

でも、今まで出会ったMacユーザーの中には、ケースも使わずに鞄に入れていて表面はキズだらけ。角も凹みがあちこちに・・・なんて人もいました。でも「Macは大切に使おう!」「ケースに入れないの反対運動」とかしようとは思わない。まぁ、量産されるコンピュータと杜氏さんが手間暇かける日本酒は違うかもしれないけれど。

いろんな考えの人がいるってことを前提に、自由を尊重することも大事なんじゃないか、と思ったのでした。

 

コメント:

コメントはまだありません。

Leave a Reply
 
  (表示されません)