著作権は誰のもの?

最近、ラジオをほとんど聴かなくなった。昔は車で移動する時にはFMを聴くことが多かったけど、あれが出来てからはラジオにとんとご無沙汰してます。

あれとは・・・iPod。

iPodも、単に「音楽を持ち運べる」と言うだけならラジオを聴く時間はあったと思うけど、Podcastの存在が、僕の中からラジオの存在をほぼ消し去ってしまった感がある。

ラジオよりも音質が良いし、なにより好きな時に聴ける。ラジオのようにオンタイムじゃないけど、それでもニュースじゃなければ問題ないくらいのタイムラグしかない。そして「あ、聞き逃した!」という時にはすぐに戻せるし、飛ばしたい時には飛ばせるメリットもありますね。

そんな便利なPodcastだけど、不満な点がひとつだけある。それは、音楽が一切流れないこと。なんでも、著作権を牛耳っているJASRACさんが、「たとえアーティスト本人であってもダメ。鼻歌もダメ」って規制してるらしい(注:調べた訳じゃないけど、Podcastを聴いてる限りそんな感じ)。

でも、ワンフレーズだけでも良いから聴きたいし、その方がCDやダウンロードの売上が伸びるんじゃないかな?と素直に思います。

ラジオだって、Radikoみたいなアプリを使って(地域限定とは言え)ネットでリアルタイム配信しているわけで、それは「電波からネットの時代へ移行している」ということをラジオ局も理解しているからだと思う。ラジオの用に「一曲まるまる放送」なんかしなくてもいいから、曲の雰囲気がわかる程度にPodcastで流してくれたら良いのになぁ・・・。

僕は普段、iTunesやApple TVで海外のインターネットラジオを聴いているんだけど、そこで気になった曲をiTunes Storeでダウンロードしたり、レンタルCDを借りたり、はまたまCDを購入したりってことが少なくありません。ラジオを聴かない僕にとって、音楽に関する情報源はほぼインターネットのみと言えるわけです。

でも、日本は「ほんのちょっと」の放送もNG。著作権って、作曲家やアーティストの権利を守るためのものであって、何から何まで規制するためのものじゃないよなぁ・・・と思います。時代が変わってきているんだから、JASRACも既得権益にしがみついてるんじゃなくて、そろそろ考え方を変えないとマーケットがどんどん縮小するんじゃないかな。

例えば、

  • 放送できる時間に制約を設ける。
  • イントロなどにはかならずナレーションをかぶせる。
  • 一定時間以上流す場合は、BGMとしてバックで流す

とかすれば、結局は売上増に繋がって、聴いてる人も、流してる人も、作った人も、みーんなHAPPY♪なのではないかと思います。
そろそろ、Podcastでの楽曲使用について、少し規制緩和をして欲しいものです。

 

コメント:

コメントはまだありません。

Leave a Reply
 
  (表示されません)