Thanks Steve !

スティーブ・ジョブズが亡くなって一年が経った。もう一年経ったんだなぁ…。
いつの日か、スティーブ・ジョブズも過去の人になるだろう。でも、僕の中では永遠に生き続けると思う。

コンピュータというもに初めてであったのは、僕が高校生になった頃だった。当時はまだコンピュータは一般的ではなく、コンピュータと言えばせいぜいミニコン。その後、NECのPC-8001を初めとした「マイコン」ブームが起き、本格的に触ったのは親友が買ったMZ-2000。そしてその数年後、自分で初めて手にしたのが、PC-8801mkIIだった。

当時のコンピュータは非力で、「漢字が使える!」とか「写真が表示できる!」と感動していたのを今でも覚えている。フロッピーディスクが普及し始めたころは、ディスク1枚が1,000円位していて、10枚セットで1万円という価格は学生の僕にとっては清水の舞台から飛び降りる覚悟で買ったものだった。

でも、当時のコンピュータは可能性に対する期待はあったものの、使ってみると大したことはなく、最終的に自分が下した結論は「もう、コンピュータに関わるのはやめよう」というものだった。そして、PC-8801mkIIを友達に譲り、二度とコンピュータは買うまいと決断をしたのを今でも覚えている。

ところが・・・

そんな僕の気持ちを一瞬で変えたもの。それが友人の家で見たMacintosh SE/30。

マウスを使ったユーザーインターフェイス、ビットマップディスプレイ(最近の人には訳が分からない話題かもしれないけれど)など、カルチャーショックという言葉では表せないほどのショックを受けたのが昨日のようだ。約50万円という学生にとっては高額な商品であったにも関わらず、購入を決意するまでにさほど時間はかからなかった。
あの時、Macintoshに出会っていなければ、コンピュータとの関係は大きく違っていた事と思う。

今では、毎日のようにMacintoshを使い、仕事でもそこそWindowsを使い、iPhoneとiPadは生活必需品になっていて、友達や友人からもコンピュータやiOSデバイスについていろいろ質問をもらう・・・。そんな自分になれたのも、Macとの出会い。言い方をかえれば、Steveのおかげだと思う。

Illustratorを使ってパンフレットを作ったり、Dreamweaverでウェブサイトを作ったり、FileMakerでデータベースを作ったり・・・。今では日常的にやっていることも、すべてはMacとの出会いがきっかけで、それがなければ絶対にやっていなかった。

すべてはMacとの出会いのおかげ。すべてはSteve Jobsのおかげ。

Steveに会ったことはないから、実際にどんな人だったのかわからない。でも、僕の人生に大きな影響を与えてくれた人であることは間違いない。きっと、僕の人生に「もっとも大きな影響を与えた人」だろう。もう彼はこの世にいないけれど、彼の命日である今日、彼に伝えたい一言がある。

「ありがとう、スティーブ。僕の人生を変えてくれて」

世の中にはきっと、僕みたいな人がたくさんいると思う。できることなら僕の残りの人生で、一人でも多くの人の人生に違いを作りたいと思う・・・。

 

コメント:

コメントはまだありません。

Leave a Reply
 
  (表示されません)